Nintendo Switchをちょっと楽しくするスイッチをつくるための基板とカバー(テスト品)

『Nintendo Switchをちょっと楽しくするスイッチ』を自作するのに便利な基板とカバーのセットです。カバーは個人所有の3Dプリンタで制作したもので、品質がそれほど高くないため、テスト品という位置づけで販売しています。高品質なカバーは、必要に応じて以下のDMM.make様から別途ご注文頂くことが可能です。
https://make.dmm.com/item/817202/

『Nintendo Switchをちょっと楽しくするスイッチ』を作成するためには、この基板とカバー以外に、以下の部品が必要になります。

・Adafruit Trinket 5V
・DFPlayer mini
・microSDカード
・距離センサ(Pololu製 GP2Y0D805Z0F搭載2値出力距離センサ(5cm))
  または
 リードスイッチ
・抵抗 1kΩ x 2個
・抵抗10kΩ x 1個
・基板取付用小型ダイナミックスピーカ UGCM0903EPD
・タクトスイッチ(2本足)
・ピンヘッダ(L型)3本分
・ピンソケット 3本分
・USBケーブル Aオス-マイクロBオス 0.15m A-microB
・リード線(距離センサ or リードスイッチを基板に接続する用)

詳しい作り方およびTrinketに書き込むソースコードについては、以下をご参照ください。

Nintendo Switchをちょっと楽しくするスイッチ
http://make-muda.weblike.jp/2017/07/5348/

¥ 500

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。